キリスト教式のお葬式

日本でのお葬式の約9割が仏教式と呼ばれるもので、残りの1割にキリスト教式や神道式があげられます。一般的な葬儀である仏教式では読経や焼香など、全て理解していなくても参列できる人が多いでしょう。

そこで今回は知識がある人の方が少ないであろうキリスト教式のお葬式について詳しく紹介したいと思います。

知って大満足の葬式が広く知れ渡ってきました。

キリスト教式はカトリックとプロテスタントの二つに大きく分けられます。同じキリスト教式でもこの二つの葬儀にも違いは出てきます。

キリスト教式にはそもそも通夜というものはありませんが、現在の日本ではお通夜に相当するものが執りおこなわれています。
カトリックでは棺前祈祷式や通夜の集い、通夜の祈りなどと呼ばれ、プロテスタントでは前夜祭が通夜に相当します。
キリスト教式の一般的な服装のマナーは仏教式と同じく、喪服や黒や濃紺、グレーなどの地味な色のスーツやワンピースなどがあげられます。

仏教式の葬儀では香典を用意しますが、キリスト教式では香典とはいいません。

カトリックでは御花料もしくは御ミサ料、プロテスタントでは御花料となります。袋はゆりの絵柄や十字架が描かれた封筒を用意しますが、白い封筒でもかまいません。
仏教式で焼香にあたるものが献花です。その作法はまず、茎の長い花を持ち遺族に一礼し献花台まで進みます。



花の部分が手前になるように回し、両手で献花台に捧げます。
そして言葉にも気を付けなければなりません。死に対する考え方が仏教式とは違うため、お悔やみ、悲しみなどの言葉は控えた方がよいでしょう。
キリスト教式にもいろいろな宗派があり、微妙に葬式のスタイルも違ってきますが、上記のことに気を付け、故人とお別れができればよいかと思います。