お葬式の費用は形式によって違う

お葬式の形式は遺族や生前の故人が決めることが多いですが、よくわからない、という場合は葬儀会社のスタッフに相談するといいです。

直葬、一日葬、家族葬、そして、昔から一番執り行われることが多い、一般葬といわれる形式のものが選ばれることがよくあります。

葬式の情報も多数ご用意しました。

直葬の費用は、セット料金で大体10万円から40万円ほどだといいます。選ばれる理由のなかには、費用をあまりかけることができないというものもあるので、費用が低いというのはとても人気です。
葬儀会社による違いもありますが、主に火葬料金の違いで差異が出てくることがあります。


一日葬は、その費用を葬儀会社への支払い、弔問客などの飲食接待費用、寺院への費用、火葬費用、式場使用料などでかかります。


葬儀会社への支払いは大体50万円から100万円が目安です。

セレモニーが一日になるので、飲食や返礼品などの、参列者へのおもてなし費用は減っています。



家族葬は、葬儀社への支払い、飲食費用、返礼品費用、火葬費用、お布施などがかかります。
家族葬にした場合、お葬式の参列者の人数が少ないので、飲食や返礼品にかかる費用は減ります。

葬儀の総合の費用は、大体40万円から100万円ほどがよく選ばれる価格帯になっています。

一般葬は昔から選ばれることが多い形式なので、何度か参列したことがあるという人もいますが、遺族だけではなく、多くの参列者が訪れるということで、費用などの負担が大きい形式だといえます。


お葬式は故人との最後の時間です。



なので、しっかりと考えて決めることが大切です。