キリスト教式の葬式について

仏式で行なわれることの多い葬式ですが、いざ参列することになった場合のためにもキリスト教式のお葬式についても知っておいたほうがよいでしょう。
仏式とは葬式の内容や流れがかなり異なります。

葬式は人気のテーマです。

キリスト教式でもカトリックとプロテスタントでそれぞれに違います。

どちらに当たるのか事前に調べておきましょう。


葬儀の最中に歌を歌ったりというのも仏式にはない習慣です。

キリスト教式は香典はありません。
お香をたく習慣がないからです。代わりに包むのが御花料です。
ユリの花や十字架が描かれた熨斗袋を使用するようにしましょう。



祭壇にお花を捧げる献花にも作法があるので仏式の焼香同様にその動作を覚えておきましょう。


キリスト教において死は永遠の命の始まりです。
そのため不幸なことではないのです。

なので仏式と違いお悔やみの言葉は不要です。故人の安寧を祈るようにしましょう。
献花は前の人の動きを見ていればある程度分かるでしょうし、賛美歌や聖歌も事前に歌や祈りの一節が書かれたものが配られるのでそれを見ながら参加できるなら一緒に歌うようにすればよいでしょう。
参列の際の服装は仏式の場合と同じものであっても特に問題はありません。


あまり難しく考えなくても回りを見ながら行動すれば大丈夫です。
お葬式の後は仏式では通夜ぶるまいがありますが、キリスト教式でも故人を偲んでの会食や茶話会が行なわれます。



その場にお酒が出てこないのが仏式とは違う点でしょう。